MY STORY Vol.34 山田葉月 [ Chatwork株式会社 広報ディレクター ]

さまざまな分野でクリエイティビティを発揮する個性的な女性たちを応援する『MY STORY』プロジェクト。今回の主役は、IT企業『Chatwork』で広報ディレクターとして活躍する山田葉月さん。「働き方が変わる」と話題のコミュニケーションツール「Chatwork」をメイン事業として、急成長を続けている企業で充実した毎日を送り、キャリアップを続けている彼女の姿を追いました。

PCを持ち歩く必要はないし、荷物はなるべくコンパクト派なので『アートエックスエス』がぴったりサイズ

ビジネス向けチャットツール「Chatwork」を提供しているIT企業『Chatwork』で働きだして間もなく丸3年。大学卒業後は、外資系化粧品会社でPRの仕事をし、2度の転職を経て現在の会社に。

「化粧品会社にいた頃は、PRという職業上、資料や化粧品一式を持ち歩くこともあり、常に大荷物でした。ところが、『Chatwork』では、すべての業務コミュニケーションは自社で提供しているビジネス特化のコミュニケーションツール「Chatwork」で行っています。そのため、会社ではPC、出先ではモバイルさえあれば、ストレスなく効率的に仕事ができるんです。なので、通勤、外出時ともに荷物は最小限でOK。私は、なるべくコンパクトにしたい派なので、携帯、お財布、キーケース、名刺ぐらい。キャッシュレスで、可能な限り現金を持ち歩きたくないので、お財布も小さいですし、このポシェットバッグの『アートエックスエス』に全部収まっちゃうんです。軽いし、サイズもちょうどよく、斜め掛けもできるので大活躍です」

キプリングのバッグを学生の頃にも使っていたという山田さん。当時と比べて現在のバッグはどうですか?

「7~11歳の時と、大学時代とを合わせて11年間イギリスに住んでいました。確か小学生のころにはすでにキプリングが誕生していて、イギリスの空港には必ずショップがあったという思い出があります。すごく流行っていて、大学生のころは、大きいボストン型を使っていました。1泊旅行にも便利でしたね。機能的で、耐久性があってとても丈夫という印象を持っていました。最近のキプリングのバッグは、機能性、耐久性はそのままで、よりデザイン性が高くなっていて可愛いです。 モンキーマスコットとロゴは残しつつ、おしゃれだと思いました。旅行が好きでよく行くのですが、『アートエックスエス』はそんな時にもぴったりなサイズ感ですね」

化粧道具や歯ブラシセットはポーチに入れて会社置き。ミラー付きで化粧直しも楽々

普段持ち歩く化粧品はリップ1本ぐらい。化粧品やランチ後の歯磨きに使う歯ブラシなどは『アート ポーチ』

「なるべく身軽、荷物はできる限りコンパクトがいいので、メイク直しに使う化粧品や、歯ブラシセット、ハンドクリームなど毎日使うものはポーチに入れて会社に置いています。『アート ポーチ』 は、歯ブラシセットも入るし、大きすぎず、小さすぎずちょうどいいサイズで気に入っています。この大きさなら、メイク道具が全部収納できるので旅行にも重宝しそうですね。外ポケットに割れない安全なミラーが付いているのもいいですね。リップを塗り直すときなどサッと取り出せて、便利です」

休日はキプリングのバッグとともに、ヨガやアウトドアでリフレッシュ!

忙しくなるとすぐに風邪を引いたり、体調を崩すことが多く、何か体を動かさなければとジムに通ったり、いろいろ試した中でいまも続けているのがヨガだという山田さん。始めたのは5年前。今はインストラクターの資格を取得し、友人に教えることもあるそう。

「過ごしやすい季節の休日には、公園でヨガをやったり、外ヨガのイベントに参加することも多いですね。また、月に1回ぐらい友人に頼まれて貸しスタジオなどでヨガを教えることもあります。そういう時に活躍するのが『アートミニ』。外に置いても汚れが付きづらいし、軽くて荷物も見た目以上に入るし、丈夫ですごく便利です。メタリックな感じも可愛いし、ショルダーは取り外しができたり、バッグ上部のジッパーの開け閉めで形が変わったり。1つで何通りにも楽しめるバッグ。アウトドアも好きでキャンプにもよく行くんですが、泥が付いてもすぐに落とせるところがいいですね」

ヨガの後にお気に入りのカフェで友達とランチしながらおしゃべりしたりするのも大好きな休日の過ごし方だそう。

自分のライフステージが変化しても、ずっと仕事を続けていけるようにキャリアアップしていきたい

外資系化粧品会社、IT企業、そして3社目となる現在の『Chatwork』。この会社は、働き方を変えていきたい人、企業を応援している会社なので、働き方の自由度がとても高いのだという山田さん。

「2社目のIT企業に移った時は、スピード感、ダイナミックさに驚きました。それまでいた世界とはぜんぜん違って、毎日が目まぐるしくて。『Chatwork』は、もちろんオフィス出社を推奨していますが、子どものお迎えのために16時に退社するパパがいたり、急用ができたときなどにも柔軟に対応してくれる会社なのでとても働きやすいですね。それも『Chatwork』があるからこそなんです。私も将来、子どもができたり、子育てしながら働くことになった場合に、そういったライフステージの変化にも対応できるようキャリアアップしていきたいですね。PRの仕事にこだわっているわけではないのですが、たまたま最初にPR職について以来、もう10年もやっているので、これからも何らかのコミュニケーションの領域でキャリアをもっと積んでいきたいと思っています」

これからも様々な選択肢を模索しながらキャリアアップしていきたいという意欲的な山田さん。ご主人もアメリカに住んでいたこともあり、2人で一緒に海外で仕事をすることも選択肢のひとつなのだとか。今後も業界にはこだわらずいろいろな世界を見てみたいという、グローバルな視野を持つ彼女の活躍が楽しみです。

※Chatworkロゴは2018年11月15日の取材時点のものです



<撮影協力>
Le Pain Quotidien 芝公園店
住所:東京都港区芝公園3-3-1
電話:03-6430-4157
営業時間:7:30 – 22:00 (L.O.21:00)
HP:http://www.lepainquotidien.jp/store/shibakoen/#.W_zbEeRRe3B

山田葉月 (Hazuki Yamada)

イギリスの大学を卒業後、外資系化粧品会社で約4年間PRの仕事を経験。その後、IT企業で2年半グローバルPRなどを担当し、3年前から『Chatwork』で広報ディレクターとして活躍中。

Instagram: https://www.instagram.com/hazuki8mona/

PAGE TOP