MY STORY Vol.31 藤村 摩梨衣 [ 古着屋 liberte_kashiwa オーナー ]

さまざまな分野でクリエイティビティを発揮する個性的な女性たちを応援する『MY STORY』プロジェクト。選りすぐりのブランド古着を豊富に扱っているショップオーナー藤村 摩梨衣(まりい)さんが登場です。着る人のライフスタイルに寄り添った接客が大人気の藤村さん。充実した日常はもちろん、カルチャー、エンターテインメントなど果てしなく繋がるファッションの可能性を探求している好奇心が旺盛な彼女の魅力に迫ります。

古着のバイイングには、大量の服が持ち運べる『アート エム』が活躍

ショップでの接客以外にも、来店されるお客様のニーズに合わせた服や希少価値のあるレアものを求め、国内外問わず買い付けにいくのも大事な仕事のひとつという藤村さん。

「私のお店は“パリの闇市”をイメージしたようなヨーロピアンテイストの古着や雑貨をはじめ、古き良きアメカジ、世界観のあるモード系、オフィスにも着て行けるドメスティック系ブランドなど幅広い商品を扱っています。古着の仕入れは、お店にご来店されるお客様からの買い取りの他に、良質なものを探しに様々な場所へ行きます。早く店頭に並べてお客様に見ていただきたいので、大量の商品をセレクトしてその日のうちに持ち帰ることも。そんな時に頼りになるのが、軽くて大容量の『アート エム』。バイイングに行くときには欠かせない、私の良き“相棒バッグ”です!」

さっそく買い付けしてきた商品をディスプレイ。奥行きのある広い店内はアンティーク家具や優雅なラグで飾られ、店の隅々までこだわりのあるブランドの服や雑貨が数多く並べられています。

「柏駅に近いという場所柄、お客様の年齢層がとても幅広いのでファッションのテイストや世代のニーズに合った品揃えを心掛けています。カップルやファミリーでいらしても、それぞれの方が好みのモノをじっくり楽しみながら選んでいただけるというのがお店の特長です。お客様からは着て行くシーンに合わせたコーディネートを相談されることも多々あります。時には恋愛相談も・・・(笑)。例えば、パーティーなどの集いで“モテる服”についてのご相談もありましたね。その時は自分自身や友人の経験をもとにユーモアを交えながらも真剣に相談に乗りました。後日、お客様がご報告も兼ねてお店に寄ってくださったり、カップルになったお相手の方と一緒に来ていただいたりした時は心から嬉しく思いました」

仕事のリサーチやショップめぐり、イベントにはショルダーバッグ『カイ』で軽快に

買い付けやリサーチなど車で移動することが多い藤村さん。車を置いて行動する時はミニマムなスタイルにしたいのでショルダーバッグ『カイ』を愛用しているそうです。

「やはりファッションを発信している仕事なので、シーズンのトレンドや注目されている情報は常にキャッチしたいと思っています。またファッションはライフスタイルにも密接に関わるので時事ニュースにも敏感になっています。リサーチを兼ねて話題のショップやスポットをめぐったり、興味のあるイベントなどが開催されると聞くと車を走らせて都心や近郊へ繰り出したりもします。そのときの刺激が仕事にも役立ち、プライベートとしても充実した時間になるので、常に色々なアンテナを立てておきたいと思っています」

小ぶりのショルダー『カイ』&トレンチコートで小粋でクールな着こなしに

車で移動する時のバッグは2個持ち派。『アート エム』などの大ぶりバッグを車に置いて、小ぶりのショルダーバッグで街へ繰り出します。両手が空くので服や雑貨を手に取って見たり、イベントなどを効率よくまわったりするのに身軽で便利だそう。

気分を変えて出掛けたい日は『シティ パック エス』で新鮮コーディネート!

仕事があるオンタイムは車で移動することが多いので大きいバッグと小さいバッグの2個持ちが多い藤村さん。オフの日は、プランに合わせたファッションとそのスタイルに合わせたバッグ選びを楽しんでいるそうです。

「“いつもと違う自分になりたい”・・・そんな気分を叶えてくれるのがファッションの良さだと思っています。普段はモノトーンのスタイルを好んでいる私ですが、好きなアーティストのライブやイベントに行く時には、テンションがアップできるような鮮やかなカラーリングの服を選んで気分を盛り上げます。女子力を上げたい時にはパステル調のフラワープリントやレーシィなアイテムを選んだり、ナチュラルで自然体の自分を演出したい時には真っ白なブラウスをチョイスしてみたり・・・。テーマを決めて選んだ服に合わせてヘアメイクをアレンジし、アクセサリー、バッグ、靴まで、トータルでコーディネートをするのが私流のファッションの楽しみ方です」

「今日は、学生時代から仲良しの友人と久しぶりに会うので、気負いのないシャツスタイルとバックパック『シティ パック エス』を合わせたラフなコーディネートにしました。背中で揺れる、ぽんぽんファーのモンキーが遊び心のあるポイントです♪」

古着の買い付けをしながら世界中を旅して、ファッション&カルチャーを満喫したい!

「古着のことを知れば知るほど面白いと感じるのがファッションとカルチャーとの深い繋がり。1960年代にイギリスからビートルズ旋風がやってきて彼らが着ていたモッズスーツが世界中で大流行したように、音楽とファッションの繋がりはお互いを引き寄せ合ってきたと思うんです。今、注目しているファッションセッターは世界で活躍しているR&BやHIPHOPの人気アーティストたち。中でも韓流アーティストたちの活躍が日本のファッショントレンドにも大きな影響を与えていると思っています。お店が落ち着いて時間がたっぷりできたら、買い付けで世界中を周遊しながらそれぞれの国のファッションとカルチャーに触れる旅をしたいですね。まずはソウルへの弾丸ツアーから計画しようかな(笑)」

「近い将来は、今の柏店のように幅広い世代のお客様に気軽に足を運んでいただける、親しみのあるショップを東京にもオープンさせたいです!」と笑顔で語っていた藤村さん。そして海外への買い付けや知的好奇心をくすぐる旅の計画について、大きな瞳を輝かせながら熱く語ってくれたのが印象的でした。




<撮影協力>
liberte (リベルテ)
住所:千葉県柏市柏3-7-21椎名ビル201
営業時間:12:00~20:00
定休日:水曜定休 HP:https://r-liberte.jp

藤村 摩梨衣 (Mary Fujimura)

千葉県出身。学生時代にアパレルショップのアルバイトを経て、卒業後は全国に展開する大手リユース会社に勤務。古着ファッション取り扱いの経験を積み重ね2014年独立。2016年3月に柏駅前に古着ショップliberte をオープン。ショップオーナーとして、ショップ運営のマネージメントから商品の買い付け、接客に至るまで幅広く担当している。オシャレな感性が溢れるInstagramでコーディネートやファッション情報などを発信中。

PAGE TOP