MY STORY Vol.28 屋代佳織 [ フィットネスインストラクター ]

さまざまな分野でクリエイティビティを発揮する個性的な女性たちを応援する『MY STORY』プロジェクト。今回は、運動と食事の両面から健康美に導く活動を行っている「Beauty Body Project」の代表で、フィットネスインストラクターの屋代佳織さんをクローズアップ。パーソナルトレーニングを始め、企業に出向いて行う企業出張エクササイズ、健康講演など、多岐にわたり精力的に活動しているパワフルウーマンの姿に迫りました。

『ソルダ』は子どもっぽくならず、企業出張エクササイズの際にもOKな大人が持てるリュックです

3歳からクラシックバレエを習い、その後、モダンバレエ、体操競技、空手道、ジャズダンス、ヨガ、ピラティス、エアロビクスなどフィットネスプログラム全般の知識を身に付けてきたという屋代さん。数々のスポーツクラブでのインストラクターを務めたのち、現在は食とトレーニングで健康増進を目的に各自に合ったトレーニングを行うパーソナルトレーニングや企業でのエクササイズなどを行っているそう。

「リュックはどうしてもダンサー風というか子どもっぽく見えがちなんです。でも、この『ソルダ』は、清潔感がある素材で、カラーも落ち着いているので企業出張エクササイズに行くときにも抵抗なく持っていけますね。コンパクトサイズで可愛く持てるのに、収納力がすごい! 荷物はいつも多くて、レッスンの着替えからPC、資料も入るし、小さく見えるのにたくさん入るので大助かりなんです。背面にはキャリースリーブ付きで、キャリーに付けることもできるので地方出張に行くときも便利なんですよ」

さらに屋代さんが特に気に入ったのは、サイドのホルダーだそう。

「何よりもすごいと感激したのがサイドの外ホルダーなんです。大概のリュックのホルダーはタテのマチが浅いのですが、これは高さがあるのでドリンクを入れてもしっかり収まり、落ちる心配がないんです。携帯を入れるのにも便利ですね。それから、外ポケットのマチも大きくていろいろ入りますね。本当に使い勝手のよいリュックで、これまでいろいろリュックを試してきた私のイチ推しです!

ポーチに見えて多機能財布のような『クリエイティビティ エル』はレッスンにも携帯します

レッスンのときは、スマホで音楽をかけるので『クリエイティビティ エル』はレッスン現場にスマホを持っていくのにちょうどいいそう。

「この『クリエイティビティ エル』は、見た目以上に物が入るんですよ。単体のポーチに見えて、実はファスナーを開けると3つのファスナー付きポケットに分かれているので使いやすいですね。いっぱい入れても太って見えないところが優秀で気に入っているポイント。それから、このレッドの色がいいし、シンプルさもいいし、裏地も可愛いですね。出かけるときはスマホとお財布、鍵ぐらいという友人がこれを見て、ミニクラッチバッグとしても使えるし、まさに探していた理想形と大興奮! 同じものが欲しいと、真剣に検討した結果、手に入れていました(笑)」

休日のピクニックは手料理とお酒に酔いしれつつ、信頼できる友人とのおしゃべりを楽しめる心安らぐひと時

土日も仕事のことが多く、オフはほとんどなく、あっても月曜日ぐらいという多忙な毎日を送っている屋代さん。そのため、オフの日はお友達とピクニックに行ったり、お茶をしたり、ネイルサロンに行ったり、普段時間がなくてできないことをするのだとか。

「自然が好きなので、休みが取れたらお花が多いところや四季が感じられるところに行くことも多いですね。今回はダンス仲間の友人と公園にピクニックに来ました。料理やドリンク、紙皿、カトラリーなど荷物がいっぱい。こういうときは、軽くて丈夫な『アート』が大活躍。ナイロン素材でやわらかく、大きなタッパーも入れやすいですよ。さらに撥水加工がしてあるので、芝生の上にそのまま置いても汚れが気にならないのでアウトドアにはもってこいのバッグです」

食がすべての源をつくっていると考える屋代さんは、お料理をつくるのも大好き。普段から外食はあまりせず、もっぱら自炊派。健康的で抜群においしい自慢の手料理を友人に食べてもらいたいと、朝から腕によりをかけた料理がずらっと並びます。この日のメニューは、「マスカルポーネチーズとヨーグルトのベリーソース」「豚ひき肉の具だくさんカレー ナッツ入り」「玄米のアスパラガスのせ」「鶏もも肉のマリネ」「フルーツの盛り合わせ」と栄養バランス満点の豪華版。友人の方からも「すごくおいしい!」と大好評。

「食事はすごく大切なので、食材や調味料にはこだわっています。また、『まごはやさしいわ』という言葉知っていますか? ま=豆類や大豆製品 ご=ゴマやナッツ類 は=発酵食品 や=緑黄色野菜 さ=青魚 し=しいたけなどキノコ類 い=イモ類 わ=ワカメなどの海藻類。これは健康的でバランスのよい食事の合言葉なんです。私は、3食の中にうまく取り入れて作るようにしています。日本食ならこれが簡単に取り入れられるんですよ」

身をもって食と健康と運動に取り組んできたので、身をもってその素晴らしさ、大切さを伝えていきたい

5年ぐらい前に1カ月に3~4回も急性腸炎にかかったことから、このままでは仕事もできなくなってしまう。何かを変えなくては…と思いカラダケアを様々に取り入れてみたり、サプリメントを加えたり、いろいろなことを試したそう。だが、実質何も変わらなかったという。

「あるとき、食事の根本を変えてみようと思い、知人のエステサロンのファスティングにチャレンジしてみたんです。プラスする健康法はほぼ全て試したので、マイナスつまり引き算の健康法。食べない事で体を一時的に飢餓状態にすることでの究極のデトックス法、ファスティングに賭けました。そうしたら明らかに全てが変わりました(笑)。体調が良くなったのはもちろん、肌ツヤもよくなりました。何より、あれほど体調を崩していたのが嘘のように全く病気をしなくなりました。それまで食事は仕事が不規則なこともあり、調整は時々にしかしていなかったんですが、これがきっかけで食の大切さを実感しました。ファスティングは自身の食を見直し、さらに食を改めて学べる良いきっかけになると思います。食は全ての原点です。人間の体の細胞全ては、食べたものでできています。つまり、食を見直して食を大切にいただくことが健康な体を作り、不思議なんですが、ポジティブな考えも生まれて心のあり方まで変わります。頭の回転も良くなり、性格の良さも食で決まると言われているんですよ。またファスティングは、骨や筋肉を痩せさせずに、脂肪に溜まる毒とともにその脂肪が燃焼されますから、綺麗に痩せます。食べれば元気でいられるって思っていましたが、逆でした。食べないことでの健康法による定期的なデトックスであるファスティングは、まさに医者いらず。かもしれません。」

現在はパーソナルトレーニングや企業出張エクササイズ、ファスティング指導、健康講演をメインに行っている屋代さん。

「日本人はすごく忙しく働いていると思います。そして、今の若い人は食に無頓着。それにより、働き手が弱くなっている現状があります。莫大な医療費も、なかなか削減されていない日本で、企業は健康を1つの重大な企業力であることに気付いてほしいと思っています。そのためにこれまでも企業での出張エクササイズや食育講座を開催してきました。ビジネスワーカーが元気になれば企業が元気になる。その家族も皆幸せでいられる。そのプラスの効果で日本を活性化していけたらいいな、と思っています。今後、企業様と何かコラボして、世の中を健やかにしていくイベントなどできたらいいですね」

自身をモデルにして食とエクササイズで健康増進を実践している彼女。体の中も外もはつらつとして健康的。パワフルさと、人間臭さと、暑苦しさが持ち前というだけあって、一緒にいるだけでパワーをもらえるそんな素敵な女性でした。

屋代佳織 (Kaori Yashiro)

茨城県出身。幼少よりクラシックバレエ、モダンバレエ、体操競技、空手道、JAZZDANCEなどを経験。大学卒業後、地方銀行勤務を経て、スポーツインストラクターに転身。スポーツクラブでインストラクターを務める傍ら、バックダンサーやモデルとしてアーティストPVやファッションショーにも出演。現在は、BBP (Beauty Body Project)の代表として、食育講座、ファスティング指導、生活習慣病改善やプロポーション改善オリジナルエクササイズ、産後プロポーション改善のためのママエクササイズ、メタボ改善プログラム、ピラティスメソッドにBBPオリジナルメソッドを加えたインナーマッスルトレーニング&ストレッチなどを、都内各地のスタジオ、パーソナルトレーニング、企業出張エクササイズ等で実施し、人気を博している。

HP: http://www.b-b-p.org/

BLOG: https://ameblo.jp/bbpkaorico/

Instagram: https://www.instagram.com/rico.beautybodyproject/

PAGE TOP