MY STORY Vol.22 福谷 成穂 [ 美容師 ]

さまざまな分野でクリエイティビティを発揮する個性的な女性たちを応援する『MY STORY』プロジェクト。今回の主人公は美容師の福谷成穂さん。都内のヘアサロンでスタイリストとして活躍するほか、ニューエキサイトオンナバンドのヘアメイクも担当しています。幼い頃から髪の毛を触るのが大好きで、サロンワークもヘアメイクの仕事も楽しくて仕方がないと語る彼女。人を可愛くすることに取り組んでいる、そんな姿をご紹介します。

身軽に動けるスリムでコンパクトなサイズ感がお気に入り通勤やサロンワークの合間の外出にも大活躍です

幼い頃から手先が器用で髪の毛いじりが大好き。お母さまが結んでくれても、その仕上がりが気に入らないと「下手くそ~」と取ってしまう子供だったという福谷さん。物心ついた時からずっと「私は美容師になる」と心に決めていて、周りにも公言。その想いは大人になるまで一度も揺らぐことはなく、今に至っているのだそう。

名古屋出身の福谷さん。美容専門学校卒業後は名古屋で5店舗展開するヘアサロン〔HAIR ICI(ヘア アイス)〕に5年間勤務。専門学校時代からいつか東京で働いてみたいという気持ちもあり、その間に何度か足を運んでみたものの、自分はそこまでじゃないという葛藤があったのだとか。そんな矢先、勤務先のヘアサロンが東京に出店するのを聞き立候補。先輩後輩スタイリスト4名とともに上京。たくさんの顧客がいる名古屋を離れ、まさにゼロからのスタートを切ることに。

「サロンを知ってもらうところから始めなくてはならないので、ビラ配りや声掛けなど、大先輩たちも一緒になってやりました。サロンワークの合間も、1時間でも空き時間があったら、外へ出てお客様になってくれる方を探したり、イベントなど人が集まるところへも出向いて営業活動をしていました。」そんな営業活動でいま重宝しているのが『プレストアップ』。「ウェストポーチにもなるし、斜め掛けにもショルダー掛けもでき、必要なアイテムはきちんと収まるのに全くかさばらないので、人通りの多い駅前やイベント会場でも邪魔にならないどころか、持っていることを忘れてしまうほど(笑)。以来、いつでもフットワークを軽くしておきたい私にとって、手放せない存在になっています」。

お客様の心の声をヒアリング。その時“なりたい自分”を一緒に見つけ、形にするのが楽しい!

カウンセリングに重きを置いているのが〔HAIR ICI〕の特徴のひとつと話す福谷さん。

「会話にでてきた、お客様が思い描いている“今なりたい自分”を大切にしながら、一緒にカワイイを作り上げていきます。ほとんどのお客様は、「こうして欲しい」が決まっていますが、なかにはぼんやりしている方も。でも、嫌いなもの、苦手なもの、自分にはこれはしっくりこないというのが必ずあるので、それを会話の中で汲み取るようにしています」。

最初は上手くできずに苦労したそうですが、今では、お客様の心の声を引き出して、形にすることで信頼関係が築けるようになり、それを実感できる瞬間が何よりうれしいのだとか。

何かと荷物が多くなるヘアメイクのお仕事の日はたっぷり入る『アート エム』に限ります!

1年半ほど前、かねてから大ファンだったニューエキサイトオンナバンドのヘアメイクをする機会に恵まれた福谷さん。きっかけは、なんとInstagramだったそう。

「私の投稿した私自身のヘアアレンジ画像を、そのバンドのメンバーがスクリーンショットをして、Instagramにアップしていたんです。しかも、そのバンドは、私が大好きなバンド。すぐにコメントをして、何度かヘアについてやり取りをしました。後日、彼女たちのライブがあるのを知って、チケットを取って観に行こうと思っていたら、ライブの数日前にマネージャーさんとメンバー本人から、Fēnへ行きたいとダイレクトメッセージが。本当にうれしかったですね。以来、何度もお仕事させていただいていますが、現場によっては鏡がないなんてことも。『アート エム』なら大きな鏡もすっぽり入りますし、ほかにもポンポン詰め込めるので、念のためいろいろと持っていきたいサロン以外のお仕事現場ではとても頼りになります。外ポケットにはスマートフォンや、移動中に読みたい本などが入れられるのも便利ですね。

彼女たちは、「コンプレックスをアートに」をコンセプトに常に新しいカワイイを求めているので、刺激を受けることも多いです。それはサロンワークにも役立っていて、お客様がコンプレックスに感じている部分を、隠すだけじゃなく、別の見せ方で、その人の新しいカワイイを一緒に探して、作っていくようになりました」。

オフの日は自転車で展示会や美術館巡りにおしゃれでかわいくて両手が空くが叶う理想のアイテム

名古屋にいた頃から休日はどこかしらに出向いていたけれど、東京にきて、見にいく場所、吸収する情報量が格段に増えたという彼女。

「アイデアソースとして洋書はたくさん見るのですが、そういう美容師さんは増えているので、それだけではだめだと感じています。なので、美容以外のところからアイデアのヒントがないか、いつもアンテナを張るようにしてます。カワイイと感じる色の組合わせ、素材の組み合わせを、ヘアやメイクに何かしら連動させられないかと考えながら、大好きな展示会や美術館巡りをするのは、最高の休日の過ごし方。期間限定のポップアップショップや好きな漫画の原画展などジャンルレスで気になるところへ出かけています。自転車を使うことが多いのでバッグは両手が空くことが鉄則ですが、おしゃれも楽しみたい。そんなときに出会ったのが『クリエイティビティ エックス』。派手過ぎないピンクに一目惚れでした」。

髪の毛を使ったさまざまな作品を作って個展を開きたい

オンもオフも充実した日々を送る福谷さん。今後、やってみたいことについて聞いてみると

「ヘアアレンジが苦手な方でも、プラスするだけで簡単にいろんなアレンジが楽しめるようなものを提案できたらと考えていて、髪の毛で作ったヘアアクセを試作中です。納得のいくクオリティのものができたら、個展を開いてみたいです。あとは、30歳までに、触って遊べる絵本を作りたいと思っています。絵本を開いて、お化粧や髪の毛を梳かしたり結んだりしながら遊ぶことで、小さい頃からおめかしに興味に持ってくれるものを作るのが夢です。

<撮影協力>
Fēn HAIR ICI
住所:東京都目黒区中目黒1-4-5
電話:03-6873-7729
営業時間:水~土11:00~21:00 日祝10:00~19:00
定休日:毎週月・火
HP:http://hair-ici.com/salon/fen/

福谷 成穂 (Naho Fukutani )

愛知県出身。美容学校を卒業後「HAIR ICI」に所属。ヘアスタイリスト歴7年。名古屋市内のヘアサロン「HAIR ICI LUCE」にて5年間サロンワークを経験後、都内の新規店舗立ち上げに伴い、上京。現在は中目黒にある「Fēn HAIR ICI(フェン ヘアアイス)」にてヘアスタイリストとして活動するほか、アーティストのヘアメイクとしてサロン以外にも活躍の幅を広げている。

PAGE TOP