MY STORY Vol.15 玉城 ちはる [ シンガー・ソングライター/ホストマザー/社会活動家 ]

さまざまな分野でクリエイティビティを発揮する個性的な女性たちを応援する『MY STORY』プロジェクト。今回は、シンガー・ソングライターであり、ホストマザーとして10年間に36人の留学生を支援してきた玉城ちはるさんが主役です。ホストマザーの経験を活かし、「多文化共生」をテーマに各地で講演活動も行いつつ、1歳8カ月になる男の子の母親として多忙な毎日を送っている彼女のパワフルな姿に迫ります。

  • アドラ ベビー
    ADORA BABY
    カラー: メタリック ピューター
    価格: ¥25,812(税込)
  • キャンディー
    CANDY
    カラー: レイヤー ドチェック
    価格: ¥13,932(税込)
  • アルト
    ARTO
    カラー: ウィンター ファイヤー ワーク
    価格: ¥12,960(税込)

大容量なのに軽いマザーズバッグは、おむつ替えマット付きだから子どもとのお出かけに大活躍

シンガー・ソングライターのかたわら、1歳8カ月になる孔音(こうと)君のママとして毎日大忙しの玉城さん。子どもと公園に遊びに行ったり、お買い物に出かけるときは、おもちゃ、おむつ、おやつ、飲み物、タオルなど荷物がいっぱい。なので、斜め掛けができて、両手が自由に使えるバッグが必須だそう。

「マザーズバッグは、斜め掛けできるだけでなく何よりも軽くて汚れにくいことをポイントに選びます。『アドラ ベビー』のトートバッグは、この条件を満たしているだけでなく、おむつ替えマットまで付いているのでパーフェクトですね。さっと取り出しやすい外ポケット、細かいものの整理に便利な内ポケットやメッシュポケットなど、使いやすい機能満載です。最近何でも自分でやりたがる孔音は、自分のバッグも持ちたがり、黒目が動くモンキーリュックが大のお気に入りなんですよ」。

「外出先などおむつを替えるスペースがない場所で、急におむつを替えなければいけないときに、おむつ替えシートが付いているこのマザーズバッグは大助かりです。おむつ替え台があっても汚れていることもあるので、このシートがあると衛生的でいいですよね」。

講演で全国を飛び回っているので、ワーキングバッグとしても重宝。落ち着いたメタリックゴールドカラーなので服とのコーディネートも選ばず使え、オンにもオフにも大活躍だそう。

エッセーを書いたり、お散歩途中に寄ったり、お気に入りのカフェでのひとときはつかの間のリフレッシュタイム

「ワンマイルショッピングやお散歩には、コンパクトで軽量のショルダーバッグをチョイス。お財布と携帯電話といった必要最小限のものを入れて出かけます。私が愛用しているのは2種類。かわいいチェック柄の『キャンディー』は、ショルダーだけでなく、ハンドバッグ、斜め掛け、バックパックにもなり、とっても使い勝手がいいんです。『アルト』はノートも入るし、ファスナーポケットも前後3つあり、こう見えて結構いろいろ入るのでとっても便利」。

執筆活動にも取り組んでいて、2012年には『エッセー集?風になれば?』(本分社刊)を発売。また、自他ともに認める無類の餃子好きが高じ、餃子店ガイドブック+α『餃子女子』(ラトルズ刊)も発売し、ベストセラーに。

「ファンの方からいただいた万年筆は、本を執筆するうえでアイデアが思いつたときにさっとメモできるようにいつも携帯している大切なアイテム。ひとりになる時間はあまりありませんが、カフェでお茶しているときなどはリフレッシュできるひとときですね」。

 

来年はデビュー10周年。オンでは全国ツアーをはじめ、講演活動もますますパワーアップ

19歳で広島から上京し、CMやドラマに女優として出演。高校時代から作詞作曲をしていたことから、ドラマ、CM、映画の音楽制作の依頼が来るようになったそう。27歳でCDデビュー、2014年、34歳のときにテイチクエンタテインメント・タクミノートより『私は生きてる』でメジャーデビューを果たした玉城さん。来年はデビュー10周年。アルバム制作や全国ツアーを予定しているそう。

「曲がパッとひらめくのは、キッチンで料理を作っていたり、洗濯ものを畳んでいるときなど、『お母さんの鼻歌ミュージック』なんです(笑)。子どものころ、母が鼻歌を歌ってくれたのが私の音楽の原点。生活の合間に出てくるミュージックなんですよ」。

彼女の講演内容は、10年間に36人のホストマザーとして過ごした貴重な経験がもとになっています。3階建ての一軒家を借り、中・韓の留学生を多いときには8人も面倒をみてきたそう。その生活で、「誰かのために生きていく」生き方、「どうやって価値観の違う人と共に生きるか」を学び、作曲活動、全国の学校で「命の参観日」と題した講演活動、さらに広島の安田女子大学での非常勤講師での授業に活かしているそうです。

将来の夢をうかがってみると、
「家庭環境に様々な事情のある日本人の子と海外の子が一緒に暮らせるグループホームを作りたいですね。弱者が弱者で終わるのではなく、寄り添って生きることで得るものがあると思っています」。
フレンドリーな人柄、キラキラした笑顔が印象的な、ひとりで何役もこなす彼女は、まさにパワフルウーマン。ライブ活動、講演会、エッセーなどを通じ、命の大切さ、差別排除など、これからも多くの人にメッセージを発信し続けることでしょう。

<撮影協力>
オール アバウト マイコロッケ
住所:東京都世田谷区若林4-20-9 若松屋1F
電話:03-6450-8022
営業時間:11:00?20:00 定休日:水曜日
<衣装提供>
chainus

玉城 ちはる (Chiharu Tamaki)

玉城ちはる(Chiharu Tamaki) 広島県出身。シンガー・ソングライター、ホストマザー、社会活動家。昨年は、名古屋城本丸御殿テーマソング『千年物語』をリリース。2014年、10年間の「ホストマザー」の活動が認められ、公益財団法人日本ユースリーダー協会 第5回「若者力大賞?ユースリーダー賞?」を受賞。

Twitter:
https://twitter.com/tamaki_chiharu/

Facebook:
https://www.facebook.com/chiharu.tamaki.7/

WEBサイト:
https://tamakichiharu.com/

PAGE TOP